眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
眼の疾病について

疾病は早期発見&早期治療が基本。
当院では、未然防止を含めた早期発見のための体制構築に尽力するとともに、皆様の知識が強化されることで早期発見に繋がるのではとの思いから、 主な眼の疾病の概要を掲載させていただいております。

→ 花粉症(花粉症の原因植物) → 白内障 → 加齢黄斑変性
→ 前眼部疾患 → 緑内障 → 色覚異常
→ 結膜炎 → 網膜剥離 → 閃輝暗点
→ ドライアイ → 中心性漿液性網脈絡膜症 → 斜視
→ 心因性視力障害 → 糖尿病網膜症 → 円錐角膜
→ 涙道閉塞 → 眼瞼痙攣
中心性漿液性網脈絡膜症

網膜の中心部分である黄斑部が腫れてしまい、軽度の視力低下や、視野の中心だけが暗く見える、物が歪んで見える、 色覚異常、物が小さく見える等の症状が出る病気。30 ~ 40代の人に多く発症します。

視力低下

視力低下
網膜剥離のため、視力に少し影響が出る場合があります。

中心暗点

中心暗点
網膜の中心部分である黄斑部の機能低下で、視野の中心がまわりより暗く感じられる場合があります。

変視症

変視症
黄斑部がはれるので、物がゆがんで見える場合があります。

色覚異常

色覚異常
実際の色と違って見えることがあります。

原因

中心性漿液性網脈絡膜症原因 脈絡膜から漏れでた漿液

網膜の外側には、網膜に栄養を届け、同時に老廃物を運び出す役割を持つ脈絡膜があり、その接点には網膜色素上皮層と呼ばれる組織があります。
通常はこの層が脈絡膜から網膜への水漏れを防いでいます。
しかし、なんらかの影響で水漏れが起こり、脈絡膜の血漿成分が網膜の裏側に入り込んで、物を見る上で最も大切な黄斑部に溜まって水ぶくれのような腫れを作ります。 つまり、局所的な網膜剥離が起きるのです。この原因はわかっていませんが、肉体的・精神的ストレスが誘因になると考えられています。
網膜中心部分で剥離が起きると、正常な像を結べなくなり、視力に障害が出ます。

診断

眼底に剥離が見られないか、眼底検査を行います。もし、剥離が見られたら蛍光眼底造影を行います。 静脈から蛍光色素の造影剤を入れて眼底カメラで撮影すると、眼底の血管内に循環してきた時に、中心性網膜症の人は、蛍光色素の漏れるところがあります。 そこが剥離の原因となる網膜色素上皮の傷んでいる場所です。

蛍光眼底写真

治療

この病気は、放って置いても自然に治ることもありますが、再発し易くなり、そして、黄斑部の腫れを長く放置して置くと、 視力が元に戻らなくなることもあるので、きちんと治療をお受けすることをお勧めします。

◎薬物治療
 血管強化剤:浮腫みを引かせます。
 血管拡張剤:網膜の機能を回復させます。
 ビタミン剤: 網膜に栄養を与えます。

◎光凝固術
網膜色素上皮の障害部位が、黄斑部の中心部分から離れている場合は、レーザーによる光凝固術を行います。
レーザー光凝固術は、脈絡膜からの漏出点にレーザーを照射し、細胞を凝固させます。こうすることにより、凝固された細胞を修復しようと活動が活発化し、 結果バリア機能が再構築されます。この後、漏出した液の吸収が始まり、数週間後には自覚症状が改善されます。

bird
ページトップへ