眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
眼の疾病について

疾病は早期発見&早期治療が基本。
当院では、未然防止を含めた早期発見のための体制構築に尽力するとともに、皆様の知識が強化されることで早期発見に繋がるのではとの思いから、 主な眼の疾病の概要を掲載させていただいております。

→ 花粉症(花粉症の原因植物) → 白内障 → 加齢黄斑変性
→ 前眼部疾患 → 緑内障 → 色覚異常
→ 結膜炎 → 網膜剥離 → 閃輝暗点
→ ドライアイ → 中心性漿液性網脈絡膜症 → 斜視
→ 心因性視力障害 → 糖尿病網膜症 → 円錐角膜
→ 涙道閉塞 → 眼瞼痙攣
白内障

目の中には、水晶体と呼ばれる弾力性のある透明なレンズがあります。 私達は、この水晶体を調整しピントを合わせ、物を見ています。
その水晶体が混濁してしまい、物が見え辛くなってしまう疾病が白内障です。

通常の見え方(左) と白内障の見方(右)

原因

白内障の原因は様々で、若年時は眼の怪我等で水晶体に傷が付いた場合や、アトピー性皮膚炎、栄養失調等、 中年時では新陳代謝が阻害される肝臓病,糖尿病等の病気となります。しかし、白内障で一番多いのは加齢に伴う加齢性白内障です。 60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に、白内障による視力低下が現れます。

治療

白内障の初期には点眼薬を使用します。しかし、薬の効果は、白内障の進行を遅らせる程度しかなく、白内障を治すことはできません。
よって生活に支障をきたすほど白内障が進行した場合には、手術による治療しかありません。

当院の日帰り白内障手術について
bird
ページトップへ