眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
眼の疾病について

疾病は早期発見&早期治療が基本。
当院では、未然防止を含めた早期発見のための体制構築に尽力するとともに、皆様の知識が強化されることで早期発見に繋がるのではとの思いから、 主な眼の疾病の概要を掲載させていただいております。

→ 花粉症(花粉症の原因植物) → 白内障 → 加齢黄斑変性
→ 前眼部疾患 → 緑内障 → 色覚異常
→ 結膜炎 → 網膜剥離 → 閃輝暗点
→ ドライアイ → 中心性漿液性網脈絡膜症 → 斜視
→ 心因性視力障害 → 糖尿病網膜症 → 円錐角膜
→ 涙道閉塞 → 眼瞼痙攣
網膜剥離

眼底にある光を感じる部分である網膜が剥がれる病気です。網膜が剥がれても、痛みはありませんが、光や色を感 じる働きがなくなり、視力に障害が起こります。そのまま放置すれば、ほぼ失明に至ります。

原因

目の老化によるものや、強度の近視、目の打撲等その原因は様々です。もっとも多いのは、網膜に裂孔が生じ、 その孔から硝子体の水分が入り込んで、網膜がはがれてしまう裂孔原性網膜剥離となっています。

白線で囲まれた部分が剥離を起こしている部分
網膜と脈絡膜が剥がれている状態

網膜と脈絡膜が剥がれている状態です

症状

飛蚊症の見え方 ゴマ状 糸くず状 カエルの卵状

網膜剥離の初期には、目の前を黒いものがちらつく「飛蚊症」が起こることがあります。 飛蚊症には、加齢によって起こる生理的飛蚊症というものもあり、大部分の方はこれにあてはまり、生理的なものなので心配ありません。
しかし、急に黒い点が増えたり視力が落ちた時は、網膜剥離や出血の疑いがあるので、眼科で検査を受けて下さい。
この他には、目を閉じたときに視野の端がぴかぴか光ってみえる「光視症」が起こることもあります。
また、網膜剥離が起きると、その部分は光を感じることができないため、視野の一部が欠けたり、ものの一部が見えない等の視野欠損や視野狭窄が起こります。 剥離が、物を見るのに重要な働きをする、目の中心部分にある黄斑部にまで及ぶと、物が歪んで見えたり、はっきり見えないといった視力の低下を起こします。 網膜剥離初期でも、剥離が黄斑部付近から起こった場合、このような視力の低下が自覚症状として現れます。

治療

網膜剥離は薬では治療できないためで、手術で網膜の裂孔を塞ぎ、剥がれた網膜を元に戻す必要があります。

◎裂孔だけで剥離していない場合
裂孔の周囲組織に人為的な傷を作ります。その傷は治癒の過程で瘢痕となり、感覚網膜と色素上皮を癒着させます。
これにより、裂孔から網膜下へ水分が流れ込む危険性が減ります。瘢痕を作るには色々な方法がありますが、 その一つとして瞳孔からレーザー光を照射する光凝固が行われます。これは外来でも可能ですが、 網膜剥離も起きている場合には、硝子体手術や網膜復位術を行わなければならず、入院治療が必要となります。この他には冷凍凝固・熱凝固という方法があります。

◎剥離を起こしている場合
眼球の外から治療するバックリングと呼ばれる方法と、硝子体中に出血がある場合や裂孔がとても大きかったり深い所にある場合に行われる硝子体手術等があります。

bird
ページトップへ