眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
眼の疾病について

疾病は早期発見&早期治療が基本。
当院では、未然防止を含めた早期発見のための体制構築に尽力するとともに、皆様の知識が強化されることで早期発見に繋がるのではとの思いから、 主な眼の疾病の概要を掲載させていただいております。

→ 花粉症(花粉症の原因植物) → 白内障 → 加齢黄斑変性
→ 前眼部疾患 → 緑内障 → 色覚異常
→ 結膜炎 → 網膜剥離 → 閃輝暗点
→ ドライアイ → 中心性漿液性網脈絡膜症 → 斜視
→ 心因性視力障害 → 糖尿病網膜症 → 円錐角膜
→ 涙道閉塞 → 眼瞼痙攣
前眼部疾患

水晶体より前の部分で、角膜炎や結膜炎が起こる部位です。

前眼部説明図

翼状片

結膜組織の異常増殖で角膜上皮に結膜組織が侵入してしまう疾患です。投薬による治療法は無く、 症状が進んできた場合は手術が必要になります。

治療

乱視が強くなったり、瞳孔領域にかかる程侵入してきた場合に手術を行います。

手術前

手術前

手術後

手術後

経過観察

前眼部チェックの他に、角膜形状解析装置による病態の進行具合を定期的に観察します。

角膜形状解析装置でみる翼状片

角膜形状解析装置でみる翼状片

角膜組織に侵入し、角膜に歪みが出ている様子がわかります。

色々な角膜炎

◎ヘルペス角膜炎

ヘルペスウイルス感染による角膜炎。樹枝状にフルオレセインが染まるのが特徴で、再発することもあり、 難治性になる場合もあります。
 

治療

抗ウイルス薬を使用します。

◎ヘルペス角膜炎

◎アカントアメーバ角膜炎

CLのケアをしっかり行わなかったり、装用時間等のルールを守らずに感染することが多く、非常に治療が困難な疾患です。

◎アカントアメーバ角膜炎

◎強膜炎・上強膜炎

一番外側の眼球壁である強膜に炎症を起こす疾患です。強膜表層部の炎症だけであれば「上強膜炎」、強膜深部まで症状が及ぶ場合は 「強膜炎」と呼びます。
強膜は後眼部まで続いているため、後部強膜炎を併発した場合、網膜剥離等を起こすこともあり、重症疾患となる可能性もあります。
 

治療

抗菌剤及びステロイドの点眼処方を行います。

強膜炎・上強膜炎
角膜炎

◎虹彩炎

虹彩(茶目)に炎症が出る疾患です。悪化すると、ぶどう膜炎になる可能性があります。
 

治療

抗菌剤・散瞳剤・ステロイドの点眼処方。重症時にはステロイド内服服用。

虹彩炎

■抗菌性と耐性菌
 

細菌の滅菌や、2次感染予防で抗菌剤は投与されますが、医師は症状が改善されると、速やかに抗菌剤の投与を中止するように 指示します。
これは、抗菌剤を使用し続ける事で、抗菌剤に対して強い耐性を持った細菌=耐性菌を 生み出すことを防ぐためです。耐性菌が出ると、抗菌剤が効かなくなるので、治療が困難になります。
当院での常在菌調査では実に13.9%の方より耐性菌が検出されています。

影
bird
ページトップへ