眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
診療概要

白内障とは

目の中には、水晶体と呼ばれる弾力性のある透明なレンズがあります。 私達は、この水晶体を調整しピントを合わせ、物を見ています。
その水晶体が混濁してしまい、物が見え辛くなってしまう疾病が白内障です。

通常の見え方(左) と白内障の見方(右)

原因

白内障の原因は様々で、若年時は眼の怪我等で水晶体に傷が付いた場合や、アトピー性皮膚炎、栄養失調等、 中年時では新陳代謝が阻害される肝臓病,糖尿病等の病気となります。しかし、白内障で一番多いのは加齢に伴う加齢性白内障です。 60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に、白内障による視力低下が現れます。

治療

白内障の初期には点眼薬を使用します。しかし、薬の効果は、白内障の進行を遅らせる程度しかなく、白内障を治すことはできません。
よって生活に支障をきたすほど白内障が進行した場合には、手術による治療しかありません。

page top

白内障手術手順

現在の白内障手術は主に、濁った水晶体を超音波で砕きながら取り出す「超音波水晶体乳化吸引術」を行い、人工の「眼内レンズ」を入れるという方法です。 手術は特別な場合を除き、局所麻酔で行われます。手術中もお話しはできますので、リラックスして手術をお受け下さい。

水晶体前嚢を切開します

黒目と白目の境を2.0~2.2mmくらい切開したあと、水晶体の前の膜を直径約5mmの円形に切り取ります。

水晶体前嚢を切開します

水晶の中身を乳化して
吸い出します

超音波白内障手術装置で、水晶体の中身を乳化し吸い出します。水晶体の後ろの膜、後嚢は残します。

水晶の中身を乳化して吸い出します

眼内レンズの挿入

残した後嚢の中に、直径約6mmの眼内レンズを折りたたんで挿入します。

眼内レンズの挿入

眼内レンズの固定

眼内レンズは眼内レンズを支える脚により水晶体嚢内に固定されます。

眼内レンズの固定

STEP1 水晶体前嚢を切開します

黒目と白目の境を2.0~2.2mmくらい切開したあと、水晶体の前の膜を直径約5mmの円形に切り取ります。

水晶体前嚢を切開します

STEP2 水晶の中身を乳化して吸い出します

超音波白内障手術装置で、水晶体の中身を乳化し吸い出します。水晶体の後ろの膜、後嚢は残します。

水晶の中身を乳化して吸い出します

STEP3 眼内レンズの挿入

残した後嚢の中に、直径約6mmの眼内レンズを折りたたんで挿入します。

眼内レンズの挿入

STEP4 眼内レンズの固定

眼内レンズは眼内レンズを支える脚により水晶体嚢内に固定されます。

眼内レンズの固定
手術の詳細は
page top

白内障手術の特徴-確かな技術と安心をお届け-

患者様ひとりひとりのニーズに応える手術

手術後の見えかたや、手術までのスケジューリング等、患者様ひとりひとりの希望に沿った手術を提供致します。術前に目の細菌培養を行い、ひとりひとりに適切な術前点眼薬を選択する等の細かい点までカスタマイズした手術を行っております。 術前のカウンセリングで、患者様に最適な最新のレンズ選択を行っております。

最先端の技術と最先端の器械

手術当日に使用する器械は最先端のものを使用しています。また、常に国内外の学会等で情報を更新し、最先端の技術と知識を持って患者様の手術に望んでいます。

土曜日の手術

患者様だけではなく、付き添いの家族の方の都合も踏まえて、当院では白内障手術は土曜日に行っております。もちろん翌日の日曜日も診察は行っておりますので、安心して手術を受けて頂けます。

丁寧で安心して頂くための術前説明

手術はどなたでも緊張されますし、不安になると思います。その緊張や不安を少しでも軽減出来る様に術前の説明はしっかりと丁寧に行っております。経験豊富な医師と専門のスタッフが患者様に「安心できる手術」をお届けしています。

麻酔科医

当院では、白内障手術の際に必ず麻酔科の医師が立ち会って手術を行っております。
術中に血圧が急に上昇したりする場合等も、しっかりと対応が可能ですので、安心して手術をお受け頂けます。

手術機器

医療の世界は日進月歩。当院では知識だけでなく、医療機器も最先端のものを使用し、より低侵襲で、より精度の高い手術を常に目指しております。

・VERION 日本初導入

最新白内障手術機器

角膜には歪みがあり、その代表的なものが『角膜乱視』です。
手術をするときに角膜の一部を切除します。
切ったところは角膜の形が変化するため、この変化を使って元々の歪みを矯正出来ればよいのですが、手術中どこに歪みがあってどこを切れば歪みを矯正するのに一番有効かは、肉眼では分かりません。
そこで、科学の目で歪みを矯正するには「どこを切れば良いか」を教えてくれるのが、ベリオンです。
また、乱視矯正眼内レンズの角度を手術中に確認したり、眼球の中心を確認しレンズの中心に合わせることが出来るなど、経験や勘に頼らず、デジタルの力で手術精度を飛躍的に向上させることが出来ます。

VERION

・Alcon CENTURION 県内初導入

眼内圧変動を減少させる革新的な灌流制御システム

白内障手術中に発生する灌流の変化を検知し、選択されている目標眼内圧を維持するよう、自動的に補正を行います。 これにより従来使用していたAlcon社のINFINITIに比べ、灌流が格段に安定し、より安全に手術を行うことができるようになります。

Alcon CENTURION

・IOLマスター 日本初導入

光学的眼軸長測定装置

白内障手術に用いる眼内レンズにも、メガネやコンタクトレンズと同様に度数があります。 眼軸長測定器は、その眼内レンズの度数の計算に必要なデータを測定する機器です。 当院で使用しているIOLマスター700は、日本初導入となる最新機種(2014年12月現在)で、 従来の機器の約10倍の精度のデータが得られるようになりました。 また、測定時の眼球の状態を検出することにより、白内障手術後の屈折度数の誤差を軽減させる事が可能になりました。

光学的眼軸長測定装置
page top

手術までの流れ

STEP1

術前検査

白内障手術をご希望された方にはまず術前検査を行います。これは、手術に必要なデータを集めるとともに、白内障以外に他の眼疾患が無いかを確認するために行います。 検査で得られたデータを元に医師やスタッフが手術の日程等を相談し、スケジューリングさせて頂きます。

arrows

STEP2

全身検査

手術の際に全身状態で何か気を付けなければいけないことはないか、術前後の投薬処方は何か変更しなくて良いのか等を把握するために、 患者様の全身状態を確認しております。かかりつけの内科医の先生に紹介状を作らせて頂く、もしくは患者様の受けられた健康診断の結果等を参考に当院で採血等を行います。

arrows

STEP3

術前説明・オリエンテーション

手術に必要なデータが揃った後、医師による手術説明を行わせて頂きます。 また、同日にスタッフから手術前後の注意点についてオリエンテーションを行います。説明はご家族の方も一緒に聞いて頂くことが可能です。

arrows

STEP4

術前準備

手術の3日前より術前準備が始まります。目の中の細菌を減らすために点眼薬を使用します。 点眼薬は術前にデータをとった培養検査の結果を元に、各患者様の耐性菌を考慮して処方致します。

arrows

STEP5

手術

当日は朝簡単に準備をして頂いて当院に向かってきて頂きます。来院後、術衣に着替えて頂いて控え室で順番をお待ち頂きます。 手術室に入室後は執刀医以外にも看護師やスタッフがおりますので、安心して手術をお受け下さい。 手術が無事終わりましたら、控え室にて当日の術後注意点等を説明させて頂きます。帰宅された後はなるべくゆっくりお休み下さい。

arrows

STEP6

術後検査

手術翌日以降、術後検査に通院して頂きます。 術後検査のスケジュールは下記を参照下さい。

flow
page top

白内障手術費用

当院では、保険診療で行う単焦点眼内レンズと先進医療適応の多焦点眼内レンズ、先進医療適応外の輸入多焦点眼内レンズの三種類の眼内レンズを手術で使用しています。

保険診療

70歳以下の3割負担の患者様 約51,000円
70歳以上の3割負担の患者様 44,400円(高額療養費限度額)
70歳以上の1割負担の患者様 12,000円(高額療養費限度額)

※上記は一般的な金額の目安となります。高額療養費の区分や、手術内容により金額限度額が異なる場合がございますので、詳しくはスタッフにお問い合わせ下さい。

先進医療

手術技術料 350,000円(片眼) + 保険適応分 約7,000円 (3割負担の方)

※当日の再診料等保険が適応になる分が3割負担の患者様で約7,000円程になります。

[先進医療とは]

当院は「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の「先進医療施設」として、厚生労働省より認定されております。 先進医療とは、大学病院など厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療機関で実施される先端医療のうち、厚生労働大臣の承認を受けたものを指します。 当院は先進医療の施設認定を受けておりますので、多焦点眼内レンズの手術手技料以外の検査代・処方代が保険適応になり、ご加入されている健康保険の窓口負担でお支払い頂くことが可能です。

輸入眼内レンズ

自費診療
※輸入した際の為替レートにより変動致しますので、スタッフにご確認下さい。

page top

眼内レンズ

現在、白内障手術で挿入する眼内レンズには、様々な付加価値を持つレンズがラインナップされています。当院では患者様のニーズに合わせて、 様々な眼内レンズから患者様ひとりひとりに最適なレンズを選択し、手術後のQOL(クオリティオブライフ)の向上を視野に入れた手術を提供させて頂きます。

乱視矯正眼内レンズ

乱視なし

乱視なし

乱視あり

乱視あり

白内障手術における眼内レンズの球面度数の予測精度が向上した現在、乱視は術後の患者様の裸眼視力に最も影響を与える要素の一つです。
乱視矯正眼内レンズを用いることで、白内障術後に角膜に残る乱視を軽減することができ、手術後の裸眼視力を向上させます。

白内障の概要は

多焦点眼内レンズ

単焦点

単焦点レンズ

多焦点

多焦点レンズ

白内障手術において挿入されるレンズは、通常単焦点レンズが使用されます。
単焦点レンズの場合、遠方か近方どちらを重視するかを 決めて度数を設定するため、例えば遠方を重視した際には、読書等近くを見るときにはメガネが必要となります。
この欠点を補い、遠くも近くもメガネを使用しないで見ることができるようにしたのが多焦点眼内レンズです。

白内障の概要は

3焦点眼内レンズ

多焦点レンズ

多焦点レンズ

3焦点レンズ

3焦点レンズ

先進医療で使用可能な多焦点眼内レンズは全て2焦点レンズ(遠方と近方30~40cm)です。
3焦点眼内レンズは、従来の2焦点眼内レンズでどうしても見えづらかった50~60cmにも焦点を合わせることが出来ます。
お仕事でパソコンを使用される方や、趣味で音楽をされていて楽譜を読む方等、今までは2焦点眼内レンズを挿入しても眼鏡を必要としていたシチュエーションで3焦点眼内レンズは効果を発揮します。
現在、白内障手術で使用出来る多焦点眼内レンズとしては最高峰のレンズです。また、乱視矯正も可能にした乱視矯正3焦点眼内レンズもご用意することが可能です。

レンズ:FineVision(phyrIOL社)
◎FineVisionは先進医療対象外になりますので、自費診療となります。

page top

患者様の声

今まで当院で手術された患者の皆様からの感想を一部ご紹介させていただきます。

手術前は人生初の手術室に入るということで緊張をしていましたが、実際に手術室に入ったあとは先生やスタッフの方々がこまめに声をかけてくれたので、 安心して手術を受けることが出来ました。手術時間も短かったのでほとんど痛みもなく、あっという間に手術が終わったと感じました。[42歳・男性]

手術前の点眼薬のさし方がわからなくなってしまった時に、 電話で問い合わせをしたところ丁寧に説明をして頂いたので助かりました。[86歳・男性]

手術の時に挿入する眼内レンズを単焦点か多焦点か迷って先生に相談しました。 多焦点眼内レンズは適応がある程度あることを説明してもらい、詳しく目の検査を行って頂いたうえで、先生が自分にはどちらの眼内レンズが向いているのか、 術後の生活はそれぞれどの様になるのかをシミュレーションしてもらったことで迷いなく眼内レンズの選択を行うことができました。[52歳・女性]

手術当日、無事手術が終わって帰宅したあと、直接先生から術後の体調など問題ないかと確認の電話を頂きました。 しっかりと終わったあとの患者のことも気にしてくれているのだと感動しました。[81歳・男性]

手術をするかどうかを迷っていた時に診察で先生から「手術は無理にしなければいけな いものではないですが、今、生活に不自由を感じて困っているなら手術をしましょう。安心して受けてもらえるようにご相談のりますよ」と声をかけて頂きました。 その一言で手術を決めました。手術を決めた後も丁寧に説明をして頂きましたし、不安な点は細かく質問をさせて頂いたのですが、ひとつひとつしっかりと答えてもらえました。 今はしっかりと見える様になって、あの時手術を決心して本当に良かったと思っています。[75歳・女性]

page top

白内障手術FAQ

手術はいつ行っていますか?

毎週土曜の午前中から手術を行っております。術後は翌日の日曜日に経過を見せに来ていただきますので、土日にお仕事をお休み頂ければ手術が可能です。

手術時間はどのくらいですか?

目の状態や白内障の進み具合等により個人差はありますが、基本的には手術は5~15分程で終わります。当日は手術前後の準備や説明があり、その時間を合わせても1時間前後の滞在時間でご帰宅していただけます。

当日の付き添いは必要ですか?

手術当日はお一人で来院していただいても問題はありません。帰り道が心配であれば付き添いの方と一緒にいらしてください。

両眼とも同じ日に手術をしますか?

当院では安全のため両眼を同日に手術を行うことはありません。1週間以上間隔をあけて片眼ずつ手術を行います。

痛みはありますか?

麻酔をするので心配されるような痛みはほとんどありません。もし、痛みを感じることがあれば手術中に麻酔を追加することもできます。不安のある方は術前に医師やスタッフにご相談下さい。

費用はどのくらいですか?

加入されている健康保険の負担割合によって異なりますが、約12,000円~約55,000円です。多焦点眼内レンズをご希望の方は手術代金の一部が自費になりますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

仕事はいつからできますか?

室内であまり体を動かさないお仕事をされている方は、翌日経過で問題なければ術後2日目からお仕事が可能です。屋外でのハードなお仕事、車を使用されるお仕事(運転手等)をされている方は、必ず医師に相談してから始めてください。

眼帯はしますか?

当院では基本的に眼帯はしません。安全の為、術後すぐに点眼を開始して頂いております。

運動はしていいですか?

術後最初の1週間は手術時に出来た傷口がまだ塞がっていませんので、必ず運動は控えていただきますが、軽い運動であれば術後2週間程でできるようになります。プール・海水浴等は1ヶ月程控えていただきます。

術後の目薬はいつまで続きますか?

術後、約3ヶ月は点眼を続けていただきます。途中で点眼の変更や回数変更の指示が医師からありますので、指示を守ってしっかりと点眼をしていただくようお願いしております。

 

bird
ページトップへ