眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
pic_up
多焦点眼内レンズとは shadow

白内障手術において挿入されるレンズは、通常、単焦点レンズが使用されます。単焦点レンズの場合、遠方か近方どちらを重視するかを 決めて度数を設定するため、例えば、遠方を重視した際には、読書等近くを見るときにはメガネが必要となります。
この欠点を補い、遠くも近くもメガネを使用しないで見ることができるようにしたのが、多焦点眼内レンズです。
ただし、光が散乱して見えるハローや、光が長く伸びてまぶしく見えたりするグレアを感じる場合もありますので、事前に医師と確認や 検証を行う必要があります。

ハロー

ハロー

グレア

グレア

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの比較

単焦点レンズと多焦点レンズの評価

※下記の×は いずれも眼鏡非装用にての評価です。

単焦点レンズと多焦点レンズ選択の目安

単焦点レンズと多焦点レンズの見え方比較

単焦点レンズと多焦点レンズの見方比較

※多焦点レンズの遠方視力は単焦点レンズよりも若干低下する。一方で、近方視力は圧倒的に多焦点レンズが良い。

単焦点レンズと多焦点レンズのハロー・グレアの比較

感じない

感じるが支障はない

単焦点レンズと多焦点レンズのグレア・ハローの比較

感じない

感じるが支障はない

単焦点レンズと多焦点レンズのグレア・ハローの比較

当院推奨多焦点レンズの種類

■ プレミアム多焦点眼内レンズ

◎3焦点眼内レンズ

先進医療で使用可能な多焦点眼内レンズは全て2焦点レンズ(遠方と近方30~40cm)です。
3焦点眼内レンズは、従来の2焦点眼内レンズでどうしても見えづらかった50~60cmにも焦点を合わせることができます。
お仕事でパソコンを使用される方や、趣味で音楽をされていて楽譜を読む方等、今までは2焦点眼内レンズを挿入しても眼鏡を必要としていたシチュエーションで3焦点眼内レンズは効果を発揮します。
現在、白内障手術で使用できる多焦点眼内レンズとしては最高峰のレンズです。

FINE VISION

FINE VISION

遠くと近く、遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造になっているため、遠くと近く、及び中間距離が見えるレンズになっています。
中間距離にピントが合うことが、最大の特徴です。
アポダイズド構造によりグレア、ハローもかなり軽減されます。
また、乱視矯正も可能にしたタイプもございます。

FINE VISION

◎2焦点眼内レンズ

屈折型

レンズに、同心円上に遠方・近方と異なる屈折力の部分が交互に繰り返される設計をしています。屈折型多焦点眼内レンズとして Lentis M plus X(Oculentis社製)があります。遠方と中間距離が見たい人に向いているレンズです。このレンズデザインは瞳孔径に 大きく影響されますので、比較的若い方に向いています。回折型に比べて、夜間の見え方やハロー・グレアなどの症状がでやすいと 言われています。
 

Oculentis社 LENTIS MplusX

Oculentis社 LENTIS MplusX
Oculentis社 LENTIS MplusX

遠近両用のメガネのように、遠方用と近方用の度数にわかれている構造の、分節状屈折型多焦点眼内レンズです。
遠用と近用部の境界が少ないので、光学的な光のロスが少なくハロー・グレアが出にくくなっています。

Oculentis社 LENTIS MplusX

LENTIS Mplus X toric

Lentis Mplus Xの乱視矯正用レンズです。患者様一人ひとりにあわせて約1ヶ月かけてオーダーメイドで作られますので、 世界に1枚の自分にあったレンズを手に入れることができます。

Oculentis社Lentis Mplus X toric

■ 2焦点眼内レンズ

回折型

同心円上に階段状の段差を持つ構造をで、光を回折現象により遠用と近用に分配し、2カ所に焦点を形成させて像を結ぶ原理となっています。 回折型多焦点眼内レンズとしてTecnis multifocal(AMO社)、ReSTOR(アルコン社)があります。遠方、近方にピントがあい、遠近ともによく 見えます。瞳の大きさにあまり影響されないので、一般的に瞳の小さい高齢者の方にも安心して使用できるレンズです。
 

TECNIS multifocal

回折機構のため、光が遠方と近方に均一に配分されるので、瞳の大きさで見え方が左右されません。 光学部表面はコントラスト感度を低減させないために球面収差がほぼゼロになるような非球面構造になっています。 中心固定が安定しやすく、光の乱反射により眩しく見えないようにエッジデザインされたワンピースタイプのレンズです。

TECNIS multifocal
AMO社Tecnis multifocal

先進医療

先進医療とは、大学病院など厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療機関で実施される先端医療のうち、厚生労働大臣の承認を 受けたものを指します。当院は先進医療の施設認定を受けておりますので、多焦点眼内レンズの手術代金以外の検査代・処方代が保険適応になり、 ご加入されている健康保険の窓口負担でお支払い頂くことが可能です。

※「先進医療」は患者様の負担軽減のため非課税となっています。

 

白内障手術ページ
bird
ページトップへ