眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
施設案内
検査の流れ
設置医療機器について
当院の手術室について

診察の流れ

受付写真
受付

初診の患者様は保険証をお持ち下さい。事前に問診票をダウンロードし、記入してお持ち頂けますと、 待ち時間の短縮になります。
再診の患者様は、月が変わりましたら保険証をお持ち下さい。また、保険証に変更があった場合も受付時にご提示下さい。

問診票ダウンロード
arrows
検査室写真
検査

検眼ユニット10台を配置した検査室で、順番に迅速に検査を行います。病状によっては、先に診察をお受けいただく場合もあります。
◎コンタクトおよびメガネの処方検査には、約30~40分程度の時間が掛かります。また、コンタクトが初めての方は、これ以外に約30分の装用練習が必要となります。

arrows
診察室写真
診察

少しでも待ち時間を少なくできるよう、常時眼科専門医2人の体制で診察を行っております。どんな些細な事でも気になる点等が ありましたら、お気軽にご質問ください。
◎診察結果によっては、再度検査をお受けいただく場合があります。また、状況によりご予約をお取りいただき、後日の検査となる 場合もあります。

arrows
受付写真
会計

お会計の準備ができ次第お名前をお呼びしますので、広い待合室でゆったりとお待ちください。
◎お薬が処方された患者様には、お会計時に処方箋お渡しいたします。

院内広報モニター

当院では患者様の診察待ち時間に少しでも有益な情報をご提供したく、健康とエンターテイメントをテーマとした番組放送を院内にて行っております。
「目の病気」に関する情報はもちろん、医療の一般的情報として「どこでもできるツボ入門」「薬の飲み方・使い方」等またエンターテインメント性の高い「今日の記念日」「レシピ大百科」などを順次ご紹介しております。 今後は当院独自のコンテンツも充実してご紹介していきます。

設置医療機器について

当院では大学病院レベルの診断機器を設置し、皆様に先進の眼科医療サービスをご提供できるよう努めております。

→ 電子カルテ 空白
→ 細隙燈顕微鏡 画像ファイリングシステム付 空白
→ 光学的眼軸長測定装置 白内障
→ 角膜形状/屈折力解析装置 角膜 白内障
→ オートレフケラト/トノメーター 角膜 白内障 緑内障
→ ノンコンタクトトノメーター 緑内障
→ 無散瞳眼底カメラ 網膜
→ 光干渉網膜断層計(OCT) 網膜 緑内障
→ 3D前眼部撮影解析装置 角膜 白内障 緑内障
→ 角膜内皮顕微鏡 角膜
→ 自動視野計 網膜 緑内障
→ マルチカラースキャンレーザー光凝固装置 網膜
→ SLT・YAGレーザー 白内障 緑内障
→ 前房蛋白測定装置 白内障 その他
→ オゾン水生成器 その他
電子カルテ

当院では電子カルテを導入しております。
診療内容不備確認や禁忌薬剤履歴確認等を行い、医療ミスのない安全性の高い環境作りを目的としております。
紹介状や診断書の発行が簡便になる等、事務処理の効率化による待ち時間の短縮にも有効です。

電子カルテ
設置医療機器一覧へ
細隙燈顕微鏡 画像ファイリングシステム付

外部モニターを取り付けた細隙燈を設置しており、角膜、結膜、前房、水晶体、硝子体、眼底等の患部映像を映し出しての 患者様への分かり易い病状説明に役立てております。
また画像ファイリングシステムを搭載しており、過去の患部画像も確認できるため、病状経過の閲覧も可能です。

画像ファイリングシステム
画像ファイリングシステム
設置医療機器一覧へ
光学的眼軸長測定装置

白内障手術に用いる眼内レンズにも、メガネやコンタクトレンズと同様に度数があります。 眼軸長測定器は、その眼内レンズの度数の計算に必要なデータを測定する機器です。
当院で使用しているIOLマスター700は、日本初導入となる最新機種(2014年12月現在)で、 従来の機器の約10倍の精度のデータが得られるようになりました。 また、測定時の眼球の状態を検出することにより、白内障手術後の屈折度数の誤差を軽減させる事が可能になりました。

光学的眼軸長測定装置
設置医療機器一覧へ
角膜形状/屈折力解析装置

角膜(黒目)の表面形状の詳細を測定できる機器で、白内障手術後の経過観察や、円錐角膜、角膜疾患等の検査に有効です。 角膜はレンズの役割を担う大切な部分で、その歪みは屈折異常を招き視生活に大きな影響がでます。

角膜形状/屈折力解析装置
設置医療機器一覧へ
オートレフケラト/トノメーター

角膜の屈折や曲率等を測定するオートレフケラトメーターと、角膜に圧縮空気を瞬間的に吹き付け眼圧を測定する ノンコンタクトトノメーターの一体型機器。
コンタクトレンズの処方検査には、必要不可欠な機器です。

オートレフケラト/トノメーター
設置医療機器一覧へ
ノンコンタクトトノメーター

ノンコンタクトトノメーターは、圧平眼圧計の非接触型眼圧計と呼ばれるもので、角膜に圧縮空気を瞬間的に吹き付け、 眼圧を測定できる機器です。
角膜に触れずに眼圧を測れるため、圧入眼圧計で測定できない場合にも眼圧の測定が可能です。

ノンコンタクトトノメーター
設置医療機器一覧へ
無散瞳眼底カメラ

眼底写真検査のために通常必要となる、散瞳(目薬を用いて瞳孔を開くこと)を行わずに撮影ができる機器です。 一般的に散瞳には30分くらいの時間が掛かるため、患者様の負担減となります。

霧散瞳眼底カメラ
設置医療機器一覧へ
光干渉網膜断層計(OCT)

短時間に眼底内部の観察と測定ができる装置です。従来までは観察し辛かった網膜の状態が精密に確認でき、加齢性黄斑変性、 糖尿病網膜症等の網膜疾患や、緑内障等の、治療方針決定や治療効果の判定が可能となりました。

光干渉網膜断層計
光干渉網膜断層計

上:正常な状態
下:糖尿病網膜症(黄斑部に浮腫が認められます)

光干渉網膜断層計

黄斑部周辺の浮腫の状態をカラーマッピングし、前回の状態と比較することもできます。

設置医療機器一覧へ
3D前眼部撮影解析装置

航空写真等のひずみを歪みのない像にすることができる新しいカメラの原理を応用した、前眼部検査用の高精度3D解析装置です。 前房の約25,000ポイントを計測し、3次元的に前眼部を画像解析することによって、屈折矯正手術や白内障手術、それに円錐角膜等の前眼部のスクリーニング検査全般に最も効率よく利用できます。

前眼部撮影解析装置
設置医療機器一覧へ
角膜内皮顕微鏡

角膜(黒目)の一番内側にある角膜内皮細胞の状態を観察できる機器。当細胞は新生や分裂能力がなく、一度減少すると二度と 再生することのない重要な細胞です。
当院では当機器を用い、内皮細胞の数や形を調べて、コンタクト処方に役立てる共々、安全なコンタクトライフをお送りいただくための アドバイスに役立てております。

角膜内皮顕微鏡
角膜内皮顕微鏡

正常な内皮細胞の状態
形の均一な細胞で埋め尽くされています。

角膜内皮顕微鏡

ダメージを受けた内皮細胞の状態
内皮細胞の大小不同が見られます。

写真左:正常な内皮細胞の状態|
形の均一な細胞で埋め尽くされています。

写真右:ダメージを受けた内皮細胞の状態|
内皮細胞の大小不同が見られます。

設置医療機器一覧へ
自動視野計

確かな視野検査には、静的視野計と動的視野計2台の機器を用いたふたつの検査が必要になる中、当機器は1台でその双方の 測定が可能です。
自動瞳孔追尾や先進の診断プログラム、検査時間を短縮する高速ソフト、自動瞳孔径測定機能等、最先端の精度で検査するので 正確な測定を実現しています。

自動視野計 オクトパス900 1台増設

緑内障の判定、経過観察に欠かせない視野検査を行うための自動視野計オクトパス900を1台増設し、2台で視野検査を行う事が可能になりました。
視野検査の予約がなかなか取りづらいというお声を頂くことがございましたが、今後視野検査の予約枠数を増加し(平成28年11月より予約枠数を増加しております)、より患者様のご希望に沿った時間での予約を承ることが可能になりました。

※ 視野検査は当院では、国家資格を持つ視能訓練士、もしくは当院にて専門の訓練を受けた検査員が行っております。視野検査に関してご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。

※ 視野検査の予約は通常予約とは別の完全予約制で行っております。予約を希望される方はお電話にてお問い合わせ下さい。

自動視野計
自動視野計
設置医療機器一覧へ
マルチカラースキャンレーザー光凝固装置

網膜疾患の進行抑制や、治療をおこなうための装置。当院では網膜剥離や糖尿病性網膜症に対し、当機器を使用した 網膜光凝固治療を行っています。
当機器では、疾患の種類や患部の位置に合わせ、治療光を緑、黄色、赤の3種類のレーザー光から選択できるようになった他、 一度に複数個所へのレーザー照射が可能になり、短時間での治療が行えるようになりました。

マルチカラースキャンレーザー光凝固装置
設置医療機器一覧へ
SLT・YAGレーザー

SLTとYAG両方の治療に対応したレーザー装置です。

○選択的レーザー繊維柱帯形成術(SLT)
SLTとは、線維柱帯の色素含有細胞のみに選択的に作用し、周囲の線維柱帯組織や無色素細胞には熱影響を及ぼさずに房水流出抵抗を 軽減し、眼圧を下げるレーザーです。
レーザー治療ですので、薬が使いにくい妊婦の方にも使用でき、痛みもなく外来で10分程度で施行することができます。
眼圧が高ければ高いほど効果的と言われています。副作用のほとんどない治療ですので、お気楽に受けて頂けます。

○YAG
白内障の手術後、数ヶ月~数年して、また「目がかすむ」「まぶしくなる」などの症状がでることがあります。
これは、ほとんどが「後発白内障」といわれるもので、手術の際に残しておいた水晶体の後嚢が濁ってくるために起こります。
後発白内障は、再手術の必要はなく、外来でレーザー治療にて、簡単に濁りを取ることができます。
 

YAGレーザー
設置医療機器一覧へ
前房蛋白測定装置

前房水の蛋白濃度を定量的に評価することのできる機器。白内障手術前後等のぶどう膜炎による前房炎症を数値として把握ができ、 経過観察には必要不可欠です。
一般的には前房炎症の検査は、細隙燈顕微鏡を用い炎症の程度を主観的に判断するため、炎症の微細な変化は捉えられませんが、 この機器を使用することにより、細隙灯顕微鏡検査で捉えられない炎症の程度及び変化を定量的に測定できます。

前房蛋白測定装置
設置医療機器一覧へ
オゾン水生成器

当院では「脱臭」「脱色」「生物活性」「殺菌」「有害物質の酸化分解」等、殺菌手段とし効果のあるオゾン水を生成する機器を 設置し、手洗いや機械・器具・設備の消毒に利用しています。

オゾン水生成器
設置医療機器一覧へ
ページトップへ

当院の手術室について

「手術室を改装しました」
手術件数の増加に伴い、「より安心に」「より安全に」患者様に手術をお受けいただけるように手術室を拡張しました。

「より安心に」
壁には患者様に落ち着いて手術を受けて頂けるように、

日本の手術室では珍しい「木目調の壁」をとり入れました。

手術室室内に入室される患者様が、リラックスして手術を受けて頂ければと考えております。

「より安全に」

  • ・ 手術室内は手術用滅菌コーティング(光触媒)
  • ・ HEPAフィルターを、2台設置し陽圧をかけ空気循環を行っています

光触媒技術を利用したTOTOハイドロテクト素材を壁面と天井に用いた手術室に、先進の医療機器を設置し、より清潔で安全な環境で、 高度な医療のご提供を行っております。

当院の手術室について

光触媒作用とは?

光触媒(=酸化チタン)に光があたることで生み出される、[分解力]と[親水性]の効果で、雑菌や細菌の分解、汚れのこびり付きや においの発生を防ぐことができます。

手術室への設置医療機器

→ VERION 白内障 角膜
→ ライカ M822 眼科用手術顕微鏡 白内障 角膜 硝子体
→ BIOM 硝子体
→ Alcon CENTURION 白内障
→ Alcon Constellation Vision System 硝子体
→ プレバキューム方式高性能滅菌器 VAC260 空白
→ カタリス 白内障
VERION

角膜には歪みがあり、その代表的なものが『角膜乱視』です。
手術をするときに角膜の一部を切除します。
切ったところは角膜の形が変化するため、この変化を使って元々の歪みを矯正出来ればよいのですが、手術中どこに歪みがあってどこを切れば歪みを矯正するのに一番有効かは、肉眼では分かりません。
そこで、科学の目で歪みを矯正するには「どこを切れば良いか」を教えてくれるのが、ベリオンです。
また、乱視矯正眼内レンズの角度を手術中に確認したり、眼球の中心を確認しレンズの中心に合わせることが出来るなど、経験や勘に頼らず、デジタルの力で手術精度を飛躍的に向上させることが出来ます。

VERION
VERION
設置医療機器一覧へ
ライカ M822 眼科用手術顕微鏡

ハロゲンとLEDの組み合わせにより、鮮明な立体照明と安定したレッドリクレックスが実現されています。また、当機には、 ナチュラルなカラーの画像、優れた焦点深度、そして高いコントラストで定評のある、800シリーズAPO OptiChrome光学系が 組み込まれており、わずかな細部も高分解能で観察できます。
非常に優れた光透過率と、きわめて効率に優れた同軸オットーフレックスにより、低照度であっても鮮明な高解像度画像が得られます。

ライカ M822 眼科用手術顕微鏡
設置医療機器一覧へ
BIOM

眼底を非接触で広角観察する硝子体手術用広角観察システムです。

BIOM
設置医療機器一覧へ
Alcon CENTURION

眼内圧変動を減少させる革新的な灌流制御システム

白内障手術中に発生する灌流の変化を検知し、選択されている目標眼内圧を維持するよう、自動的に補正を行います。 これにより従来使用していたAlcon社のINFINITIに比べ、灌流が格段に安定し、より集中して手術を行うことができるように なります。

The INTREPID Balanced Tip
切開創付近でのチップの動きを最小化します。
極少切開においてさえ、従来よりも高い吸引流量と吸引圧を設定可能です。
超音波の発振量を50%軽減し、灌流量は最小化され、角膜への侵襲を最小限に抑えながら、効率的な手術を行うことが可能です。

Alcon CENTURION
Alcon CENTURION
設置医療機器一覧へ
Alcon Constellation Vision System

コンステレーションビジョンシステムは、当院で使用していたACCURUSの後継機です。
従来の手術装置より高い安全性を追求した、多くの大学病院で導入されている、最新鋭の網膜硝子体手術装置です。
従来の25ゲージをはじめ、27ゲージというわずか0.4mmの切開創での硝子体手術を可能とします。

Alcon ACCURUS
設置医療機器一覧へ
プレバキューム方式高性能滅菌器 VAC260

高圧蒸気滅菌は、蒸気の力を使う滅菌方法です。
水を使う為、化学物質を使わない環境にやさしい滅菌ですが、ひとつ欠点があります。
ガーゼなどは内部に空気層があるため、蒸気が到達しにくく、滅菌が不十分になることがありますが、プレバキューム方式を採用した 高性能滅菌器VAC260は、内部を真空にすることで蒸気を内部まで浸透させ滅菌することができます。

プレバキューム方式高性能滅菌器 VAC260
設置医療機器一覧へ
カタリス

近年乱視矯正や多焦点など、より多機能な眼内レンズが開発されております。
これらのレンズは、正確に眼内に固定する事で、充分な効果を発揮することができます。
当院では「より正確な」手術を患者様に提供するために、最先端の「レーザー白内障手術」を導入しました。コンピューター制御されたレーザーによる、正確な前嚢切開と水晶体核分割を行う事で、眼内レンズを最適な位置に挿入することが可能となります。

カタリス
設置医療機器一覧へ
bird
ページトップへ