眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
眼の疾病について

疾病は早期発見&早期治療が基本。
当院では、未然防止を含めた早期発見のための体制構築に尽力するとともに、皆様の知識が強化されることで早期発見に繋がるのではとの思いから、 主な眼の疾病の概要を掲載させていただいております。

→ ISEE治療 → 近視の進行予防と治療 → 花粉症(花粉症の原因植物)
→ 白内障 → 加齢黄斑変性 → 前眼部疾患
→ 緑内障 → 色覚異常 → 結膜炎
→ 網膜剥離 → 閃輝暗点 → ドライアイ
→ 中心性漿液性網脈絡膜症 → 斜視 → 心因性視力障害
→ 糖尿病網膜症 → 円錐角膜 → 涙道閉塞
→ 眼瞼痙攣
ISEE治療について
ISEE治療とは?

ISEE治療とは?

いま視力矯正にはさまざまな方法があります。患者さま一人ひとりが、よりご自身に最適な矯正方法を眼科医に相談できるように啓発することを目的とするキャンペーンになります。詳しくは、スター・ジャパン様のHPをご覧ください。

当院での取り組み

■メガネ
最もオーソドックスな矯正法でその歴史は諸説ありますが13世紀までさかのぼると言われています。簡単に装着でき指が直接眼球に触れることがないため衛生的かつ傷つける心配もありません。伊達メガネなど、ファッションとして使っている方もいます。
メガネ
◎近視進行抑制MCレンズについて

MC レンズは、児童や青少年の近視進行を抑えるために特別に設計された、世界初のレンズです。 MC レンズを使うことで、長時間の細かい作業時など、ピント調節の緊張状態を緩和し、眼への負担を軽減します。

詳しくはこちら
■コンタクトレンズ
角膜にレンズを直接のせることで視力矯正を行います。そのため視野が広くなり、自然な見え方となります。 重さを感じることもなく、運動の邪魔にもなりません。その利便性から、日本では約2,000万人近くの方が使用していると言われています。
コンタクトレンズ
■オルソケラトロジー

毎日就寝時に専用コンタクトレンズを装用し、角膜の形状を変化させることで近視や乱 視を矯正します。そのため、日中は裸眼で生活することができます。レーシックのように角膜を削ったりしないため、専用コンタクトレンズの装用を中止すれば、元に戻すこともできる可逆的な視力矯正方法です。

詳しくはこちら
オルソケラトロジー
■ICL(眼内コンタクトレンズ)

最も新しい治療法のひとつです。専門医師による手術を伴い、レンズを折りたたんで虹彩と水晶体との間に直接挿入し固定します。レンズは必要があれば取り出すことも可能です。

詳しくはこちら
ICL(眼内コンタクトレンズ)
bird
ページトップへ