スカイビル眼科の多焦点白内障手術

  • レンズの種類 幅広いレンズの取り扱い
  • レーザー白内障手術システム
  • 術中波面収差解析装置ORAシステム
  • 豊富な手術実績 手術実績1万件以上

遠くも、近くも、中間も・・・
プレミアムな手術で手に入れる素晴らしい生活を!

ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください!

見え方に
お困りではありませんか?

目に違和感を感じる女性

目の中には水晶体と呼ばれる弾力性のある透明なレンズがあります。 その水晶体が混濁してしまい、物が見え辛くなる疾病が白内障です。 白内障は老化現象の一つで、40代でも白内障になる可能性があり、50代で40%、80歳以上になるとほぼ100%に白内障の症状が認められる病気です。 白内障は手術で完全に治ります。また、白内障が治るだけではなく、近視・遠視、乱視、老眼も治すことが可能です。

平均寿命が飛躍的に延びて、高齢になっても仕事や趣味やスポーツなど、精力的に活動を続けることができる時代となりました。多焦点眼内レンズはこのような充実した生活を送るために、大変役立ちます。

プレミアムな
多焦点眼内レンズ

白内障の手術では、濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを移植します。従来使用されてきた眼内レンズは焦点(ピント)が一箇所の距離にしか合わない単焦点眼内レンズしかありませんでした。単焦点眼内レンズは焦点が一定の距離のみにしかないことで、ほとんどの場合は日常生活においてメガネを必要としました。 しかし近年、多焦点眼内レンズが開発されました。多焦点眼内レンズは広い範囲の距離に焦点が合っているので、メガネを使う頻度を大幅に減らすことができ、多くの場合にはメガネが不要となりました。それにより、単焦点眼内レンズに比べてより豊かな生活を営むことができるようになりました。

※多焦点眼内レンズ後にもメガネ使用が必要となる場合があります。また白内障手術後にも十分な視力が得られない場合があります。詳しくは眼科専門医と十分に相談してください。

当院の
多焦点白内障手術の特徴

  • レンズの種類
    レンズの種類
    幅広い多焦点眼内レンズの取り扱っております
  • 手術機器
    手術機器
    最新鋭の手術機器を設置しております
  • 手術実績
    手術実績
    当院の執刀医は白内障手術2万件以上の豊富な手術実績がございます

幅広い
多焦点眼内レンズの取扱い

近年の技術革新により老眼や乱視が治る「眼内レンズ」が登場してきました。老眼治療の眼内レンズは「多焦点眼内レンズ」と呼ばれ、さまざまな種類があります。 優れた多焦点眼内レンズは、遠くから手元まで落ち込み無く明瞭に見えます。多焦点眼内レンズは、遠くも手元も、そして意外に大切な中間距離も鮮明に見える3焦点眼内レンズが主流となっています。 当院では積極的に海外の情報収集を行っており、最近では5焦点眼内レンズの取扱いを行っています。

眼内レンズイメージ

見え方のシミュレーション

単焦点眼内レンズでの見え方
単焦点眼内レンズでの見え方

単焦点眼内レンズで遠距離に焦点を合わせた場合、手元を確認するたびに老眼鏡が必要です。 そしてまた遠くを見る際にはメガネを外す必要があります。

多焦点眼内レンズでの見え方
多焦点眼内レンズでの見え方

複数の距離にピントが合う多焦点眼内レンズの場合は、遠くも手元も広い範囲で焦点が合って見えます。

ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください!

最新鋭の手術機器の設置

レーザー白内障システム

レーザー白内障システム

当院ではジョンソン・エンド・ジョンソン社のカタリスプリシジョンレーザーシステムを導入しています。レーザー白内障手術では、従来の眼科医の手による白内障手術に比べて、高い精度で切開の位置や形状を作ることが可能です。また、角膜の組織へのダメージを手による手術に比べて減らすことが出来ます。 多焦点眼内レンズの性能を最大限に発揮させるには、水晶体の中心に精確な大きさの真円の穴を開けることが重要です。レーザーによる手術では、コンピュータ制御により精確な切開が行え、より正確に眼内にレンズを固定する事で、充分な効果を発揮することができます。このように精度を必要とする場合、人間より、コンピュータの制御下で安全かつ正確に行うレーザー治療が効果的です。

ORA SYSTEM with VerifEye Lynk

ORA SYSTEM with VerifEye Lynk

多焦点眼内レンズの性能を発揮するために最も重要なのは、最適なレンズ度数と乱視矯正です。どちらもずれると多焦点眼内レンズの性能が十分に発揮できないだけではなく、不快な見え方になることがあります。 レンズ度数は、事前の検査結果から度数を選択しますが、手術中には予想通りにならず、ズレることがあります。 ORA SYSTEMは手術中に患者様の屈折情報を測定して、その結果を世界中の40万以上の症例実績とリアルタイムに照らし合わせることで、より最適な眼内レンズ度数および固定位置が選択でき、見え方に対する患者満足度をさらに高めることができます。

ARGOS VERION

ARGOS VERION

ARGOS VERIONは白内障手術前に行われる眼軸長測定検査をより早く、より簡単に、より高い精度で行うことができる装置で、当院で世界初導入をした装置です。 また眼軸長を含む生体計測の測定速度が早く、測定結果がばらつくリスクを軽減できるため、手術プランニングの精度が向上します。そのデータをもとに角膜の歪みの情報や正確な眼内レンズ挿入の位置を計測し、手術中の術者に的確なガイドを行い、より正確に手術を行うことが可能となります。

最新鋭の術前検査装置

最新鋭の術前検査装置

当院では世界初導入をしたARGOS VERIONを始め、様々な最先端の装置を多数取り揃えています。手術後の見え方をより良いものにするためには、手術前の検査がとても重要になります。当院では常に最新鋭の機器を導入すると共に、国家資格を持ったスタッフ(視能訓練士)が検査を行っています。

低濃度笑気ガス麻酔装置

低濃度笑気ガス麻酔装置

目の手術は怖いと感じられる方向けに当院ではご希望があれば低濃度笑気ガスでの麻酔をいたしております。目の治療に恐怖心・不安感を持っている方や痛みを感じやすい方、緊張や眩しさで目を強く閉じてしまい治療が不可能となる方を対象としています。 全身麻酔と違って意識を失われることや、眠ってしまうこともなく、使用後はすみやかに排出され体の中に残らないので副作用の心配も少なく安全性の高い麻酔です。

CENTURION ACTIVE SENTRY

CENTURION ACTIVE SENTRY

当院では超音波ハンドピースで唯一、眼灌流圧センサーを搭載したCENTURION ACTIVE SENTRYを国内で初導入しています。この装置はハンドピースに内蔵されたセンサーで、白内障手術中の眼圧の変動をいち早く検知。 眼圧の変動に応じてリアルタイムで灌流液の注入量を自動調整し、眼圧を一定に維持します。それにより手術中の眼内圧を細かくコントロールすることで、高度な安全性と共に術中の痛みなど患者様の負担を軽減することができます。

豊富な手術実績

  •                    

    白内障手術

     13,414
    2009/1からの実績
  • フェムトセカンドレーザー
    白内障手術

     1,244
    2017/5からの実績
  • 多焦点
    眼内レンズ

    1,714
    2010/1からの実績
  • 白内障手術

                   

    13,414
    2009/1からの実績

  • フェムトセカンド
    レーザー白内障手術

                   

    1,244
    2017/5からの実績

  • 多焦点眼内レンズ

                   

    1,714
    2010/1からの実績

白内障手術までの流れ

当院では以下の流れで手術を行っています。
※所要時間は目安になります。混雑状況により増減する場合があります。

  • 検査

    白内障手術の為の術前検査
    (所要時間:2時間~2時間半)

    患者様の眼の状態を最新の装置を使い、隈なく検査を行います。

  • 問診

    白内障手術の概要とレンズ選び
    (1時間前後)

    白内障手術とはどんなものなのかといった説明に加え、 患者様の眼に合ったレンズを執刀医と問診を行いながら決めます。 執刀医がいる場合には術前検査の日に行う場合もあります。

  • 説明

    術前の目薬の処方と注意事項のご説明
    (1時間前後)

    手術の3日前からしていただく目薬の処方と術前術後の注意点をご説明いたします。

  • 手術

    白内障手術当日

    当院では日帰りでの手術を行っております。 患者様のお仕事の内容によっては手術の翌々日から仕事復帰が可能です。

  • 術後

    術後の経過観察

    術後翌日、3,4日後、1週間後、1か月後、3か月後、6か月後、1年後と定期的に受診をしていただきます。

ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください!

自費の多焦点眼内レンズ

Intensity(インテンシティ)

Intensity
(インテンシティ)

5焦点 近く(40㎝)やや近く(60㎝)中間(80㎝)やや遠く(133㎝)遠く(∞)
近方、中近、中間、遠中、遠方の5つの距離に焦点を合わせることができる5焦点眼内レンズであることが最大の特徴です。 独自の新しい設計思想を使用した光学設計で、光エネルギーのロスが6.5%と他の眼内レンズに比べ少なく、近方~中間、中間~遠方にも焦点が合わすことが出来る為、スムーズで連続した見え方を実現しています。5焦点レンズの為、日常のあらゆる活動をカバーすることができ、ハロー・グレアも少ないことから夜間での運転を多くされる方にも向いています。

Acriva Trinova(アクティバ トリノバ)

Acriva Trinova
(アクティバ トリノバ)

3焦点EDOF 近く(45㎝)中間(85㎝)遠く(∞)
レンズの表面が独自のなめらかな形状による回折構造になっており、従来の回折型レンズの弱点であるハロー・グレア現象を軽減する構造になっています。 EDOF(焦点深度拡張型)の機能により、近く、中間、遠くの見え方がより自然に感じる設計になっています。 光量のロスが他の回折型多焦点レンズよりも少なく、10%未満となっています。スポーツや車の運転など活動的なライフスタイルの方にお勧めです。 近くの焦点が45㎝の為、読書等の手元を見る作業には老眼鏡が必要になる可能性があります。

ALSAFIT FOURIER(アルサフィット)

ALSAFIT FOURIER
(アルサフィット)

3焦点 近く(35㎝)中間(70㎝)遠く(∞)
近くの焦点が他の3焦点の眼内レンズよりも近くにあるので、手元がより見えやすい多焦点レンズです。読書や手元での作業、パソコンや料理、屋外での活動が多い方にお勧めのレンズです。また、夜間のハロー・グレアが比較的少ないため、夜間の運転をする方にも向いています。 一方で遠方の見え方が他の3焦点レンズよりもやや弱いという欠点があります。

FINE VISION(ファインビジョン)

FINE VISION
(ファインビジョン)

3焦点 近く(35㎝)中間(75㎝)遠く(∞)
近くと遠くと中間距離の3点に焦点が合う多焦点眼内レンズです。近くと遠く、遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造になっていることで、コントラスト感度の低下を軽減しています。 2焦点の弱点であった中間距離にも焦点が合い、手元も良く見える為、患者様の手術後の満足度が高いレンズになります。 スポーツが好きで日常的に車の運転をしていて、仕事は大きな机でデスクトップのパソコンを使用しているという活動的な人にお勧めです。

レンズの価格について

当院で取扱いのある多焦点眼内レンズ(FINE VISION、Trinova、ALSAFIT(ALSASET)、Intensity)は、乱視有りと無しで金額が異なります。

乱視なし 乱視あり
FINE VISION,Trinova, ALSAFIT 550,000円(税込) 600,000円(税込)
Intensity 600,000円(税込) 700,000円(税込)

※価格は全て片眼での金額になります。
※レーザー白内障手術代金を含みます。

選定療養の多焦点眼内レンズ

TECNIS Synergy(テクニスシナジー)

TECNIS Synergy
(テクニスシナジー)

3焦点EDOF 近方(35㎝)やや中間(50㎝)遠方(∞)
TECNIS MultifocalとTECNIS Symfonyの回折テクノロジーを組み合わせたハイブリット型の眼内レンズになります。 焦点深度拡張型(Extended Depth of Focus:EDOF) と呼ばれるタイプの多焦点眼内レンズの為、遠方から手元まで自然な見え方の眼内レンズになります。 読書や料理、パソコン作業だけでなく、活発的に運動をされる方にも向いているレンズです。

PanOptix(パンオプティクス)

PanOptix
(パンオプティクス)

3焦点 近く(40㎝)中間(60㎝)遠く(∞)
一般にパソコン作業をする際の距離は60㎝と言われている為、他の多焦点レンズに比べパソコン作業を多くされる方に適しています。 近方や遠方にも焦点が合うため、遠方を見るゴルフなどのアウトドアから、パソコン・料理などの中間距離、読書などの手元の作業などすべての距離において快適に見えます。乱視の矯正が可能なトーリックレンズの安定性に優れている多焦点眼内レンズになります。

ACTIVERFOCUS(アクティブフォーカス)

ACTIVERFOCUS
(アクティブフォーカス)

2焦点 やや中間(50㎝)遠く(∞)
遠方と中間距離を重視した回折型多焦点眼内レンズです。光学面の設計がより遠方重視されているため、遠くの見え方は単焦点レンズと同等に良く見えるレンズです。夜間のハロー・グレアが少ないレンズの為、夜間の運転が多い方にお勧めです。 反面、読書や手元の作業を多くされる方はメガネを使用した方が楽な場合もあります。

TECNIS Symfony(テクニスシンフォニー)

TECNIS Symfony
(テクニスシンフォニー)

2焦点EDOF やや中間(50㎝)遠く(∞)
焦点深度拡張型(Extended Depth of Focus:EDOF)と呼ばれるタイプの多焦点眼内レンズで遠くから中間距離の視力の落ち込みを解消し、より自然な見え方を実現したレンズです。 手を伸ばした距離(50㎝)から遠くの距離はどこまで見える為、パソコン作業が多い方や野外での活動が多い方にお勧めです。 読書などではメガネを使用した方が楽な場合もあります。

TECNIS multifocal(テクニスマルチフォーカル)

TECNIS multifocal
(テクニスマルチフォーカル)

2焦点 近く(33㎝・42㎝・50㎝)遠く(∞)
国内承認の多焦点レンズ。明るい場所や暗い場所など瞳孔の大きさが変化しても見え方が左右されることはありません。 読書や手元の作業を重視される場合は33㎝を、パソコンや料理などをよくされる方は42㎝を、スポーツや買い物など中距離を重視する場合は50㎝とライフスタイルに合わせて3種類から選ぶことができます。 近距離は老眼鏡を使う可能性は少ないレンズですが、50㎝から1mの中間距離の見え方が弱いレンズになります。

レンズの価格について

取り扱いIOL 乱視
矯正
片眼
(税込)
テクニスマルチフォーカル
(二焦点回折型)
なし 198,000円
テクニスシンフォニー
(二焦点回折型)
なし 198,000円
あり 253,000円
アクティブフォーカス
(二焦点回折型)
なし 209,000円
あり 253,000円
パンオプティクス
(三焦点回折型)
なし 297,000円
あり 352,000円
テクニスシナジー
(三焦点EDOF)
なし 297,000円
あり 352,000円

日帰り手術の場合以下の金額が追加でかかります。
1割負担:片眼 約18,000円
3割負担:片眼 約55,000円


多焦点眼内レンズで
知っていただきたいこと

多焦点眼内レンズは遠くも近くもはっきりと見えることができ、メガネ無しで見える範囲が広がることが最大のメリットです。手術をされた殆どの方は見え方に満足されていますが、一方で多焦点眼内レンズは単焦点レンズに比べいくつかのデメリットがあります。近年ではデメリットを克服したレンズもありますが、生活スタイルによっては単焦点を選択した方が生活の質が向上する可能性があります。

遠くが見えるイメージ画像
手元が見えるイメージ画像

多焦点眼内レンズのデメリットについては多焦点眼内レンズのデメリットのページをご参考にしてください。

多焦点白内障手術について
の書籍出版について

幻冬舎より当院の秦院長が共同執筆しました本が発売されています。
「多焦点レンズ・最強のプレミアム手術のすべて スゴ腕眼科医が教える白内障治療」
白内障手術に関する基礎的なお話だけでなく、ご自身のライフスタイルに合った眼内レンズの選び方、老眼も治せる多焦点レンズ、術後に起こりうる症状についてご説明をしています。



多焦点白内障手術を検討されている方の不安を取り除く一助になれば幸いです。
お買い求めはAmazon、書店にてお申込みください。

当院へのアクセス

スカイビル眼科

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル9F

横浜駅東口徒歩5分 スカイビル9階
◎雨の日も傘をさすことなく、横浜駅より当院まで、東西自由通路でダイレクトアクセス。

電車をご利用の方

横浜駅からの道順 横浜駅からの距離

お車をご利用の方

横浜駅からの道順

桜木町方面からの場合

高島町ガード下の次の交差点を右折し、次の交差点を左折、みなとみらい大橋を渡り、ポートサイド交差点を左折、 金港町交差点を左折して、左手にスカイビルが見えるので、スカイビルを過ぎたらすぐを左折。直進すると左手に入口あり。 ※金港町交差点はUターン禁止区域です。

東神奈川方面からの場合

国道1号線を桜木町方面に向かって走ると左手にスカイビルが見えるのでスカイビルを過ぎたらすぐを左折。 直進すると左手に入口あり。

首都高速利用の場合

●湾岸線から
首都高速横羽線みなとみらい出口で左折し、みなとみらい大通りを直進。 みなとみらい大橋を渡り、ポートサイド中央交差点を左折。(以下、東神奈川方面からと同じ)

●横羽線から
首都高速横羽線東神奈川出口で右折後、一つ目の信号を左折し、そのまま直進。(以下、東神奈川方面からと同じ)

第三京浜利用の場合

第三京浜方面からは、三ツ沢ランプで浅間下交差点で左折し、青木橋(右折)を渡り、右折。 (以下、東神奈川方面からと同じ)

ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください!