眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
pic_up

フェムトセカンドレーザー白内障手術について

従来の白内障手術

白内障はカメラのレンズ部分にあたる水晶体が濁る病気です。白内障手術は濁った水晶体を眼内レンズに置き換える、広く行われている外科手術です。熟練した医師が行うことで安全・確実に行えます。

①ナイフで角膜を切開

①ナイフで角膜を切開

矢印
矢印
②水晶体の前嚢(膜)を円形に切開

②水晶体の前嚢(膜)を円形に切開

矢印
④水晶体の嚢の中に眼内レンズを挿入

④水晶体の嚢の中に眼内レンズを挿入

③超音波で水晶体を細分化し吸引

③超音波で水晶体を細分化し吸引

矢印
矢印
③超音波で水晶体を細分化し吸引

③超音波で水晶体を細分化し吸引

④水晶体の嚢の中に眼内レンズを挿入

④水晶体の嚢の中に眼内レンズを挿入

フェムトセカントレーザー白内障手術

近年従来の単焦点眼内レンズから乱視矯正や多焦点など、より多機能なプレミアムレンズと呼ばれる眼内レンズが開発され、使用されるようになりました。
これらのレンズは、正確に眼内に固定する事で、充分な効果を発揮することができます。このように精度を必要とする場合、人間より、コンピュータの制御下で安全かつ正確に行うレーザー治療が効果的です。
当院では「より正確な」手術を患者様に提供するために、最先端の「レーザー白内障手術」を導入しました。

カタリス

エイエムオー・ジャパン株式会社
カタリス® プリシジョン レーザー システム

三次元で目の構造を解析し手術計画を設計

手術装置に内蔵する三次元光干渉断層画像診断装置(3D-OCT)により、角膜や水晶体のデータを高精度で読み取り、その結果に基づいて最適な手術計画を設計します。

3D-OCTにより前眼部をスキャン

3D-OCTにより前眼部をスキャン

3D-OCT解析結果

3D-OCT解析結果

手術計画のカスタマイズ

手術計画のカスタマイズ

レーザーによる正確な切開

水晶体の前嚢(膜)を真円に切開します

水晶体の前嚢(膜)を真円に切開します

矢印
水晶体を細分化・ソフトニングします

水晶体を細分化・ソフトニングします

矢印

眼内レンズを正しい位置に固定

細分化された水晶体を吸引します

細分化された水晶体を吸引します

矢印
水晶体の代わりに眼内レンズを丸めて挿入します

水晶体の代わりに眼内レンズを丸めて挿入します

矢印
眼内レンズが開き水晶体嚢内に固定されます

眼内レンズが開き水晶体嚢内に固定されます

眼内レンズを正しい位置に固定

左)通常の白内障手術

左)通常の白内障手術

右)レーザーによる白内障手術

右)レーザーによる白内障手術

眼内レンズの性能を最大限に発揮させるには、水晶体の中心に精確な大きさの真円の穴を開けることが重要です。
レーザーによる手術では、コンピュータ制御により精確な切開が行えます。

先進医療保険について

多焦点眼内レンズによる白内障手術は先進医療保険の適応です。
当院は、「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」に関する先進医療認定施設です。当院で手術を受ける場合、民間の生命保険などに付帯する先進医療特約の適応となりますので、保険会社にご確認ください。

※多焦点レンズの中には、先進医療保険の適応外のレンズもございますので、詳しくはスタッフにご確認ください。

bird
ページトップへ