眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page

ICL(眼内コンタクトレンズ)とは

ICL(眼内コンタクトレンズ)治療は、レンズを目の中に入れて視力を矯正する治療法です。

Implantable Contact Lensを略してICL治療と呼んだり、フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)治療や永久コンタクトレンズと呼ばれたりすることもあります。

 

眼の中にレンズを挿入してしまうため、コンタクトレンズのように日常生活の中で外れることや、ズレたりしてしまうこともありません。 その為、毎日のつけ外しやケアも不要です。 ICLはコラーゲンを含む生体適合性の高い素材で作られており、 眼の中で異物として認識されにくい特性があります。有害な紫外線をカットする機能もあり、半永久的に使用可能です。

ICL(眼内コンタクトレンズ)治療の一番の特徴は、角膜を削らない視力矯正法で、あざやかな見え方でドライアイや夜間のハロー・グレアの出現が少なく、 長期安定性に優れた結果が期待されます。シャープであざやかな見え方が期待されます

  

ICLの特徴

 

目に優しい

 

ICLのレンズは生体適合性が高い無色透明の素材を使っています。有害な紫外線をカットする機能があり、半永久的に使用することができます。

 

お手入れ不要

 

眼の中にいれたICLレンズは、くもったり汚れたりしないので、日々のお手入れやメンテナンスが不要です。目の中で違和感を感じる事もありません。 

 

入院不要

 

ICLの手術はレンズを専用の器具で眼の中に入れます。傷口が約3ミリと小さいため回復が早く、日帰り手術が可能です。

  

角膜を削らない

 

ICL手術は角膜を削るレーシック治療と違い、角膜の形が殆ど変化しません。その為、万が一の時には治療前の状態に戻すことができます。また、レーシックで度々問題とされる夜間の眩しさが少ない為、快適な視界が期待できます。

  

将来の目の病気

 

ICLのレンズは取り出して元の状態に戻すことができるので、将来白内障などの目の病気になった際に、治療の選択肢が狭まるリスクが少ないです。

 

痛みが少ない

 

ICL手術は目薬での局所麻酔での手術となり、痛みはほとんどありません。当院では笑気ガス麻酔を使用して、リラックスをして手術をすることが可能です。

 

ICLがおすすめの方

 

眼鏡をかけたくない方

 

コンタクトのお手入れが面倒に感じている方

 

近視で悩んでいる方

 

乱視で悩んでいる方 

 

ドライアイになりやすい方

 

レーシックは適応外と言われた方

 

近視矯正手術に興味があるが、レーシックには怖いイメージがある方

 

ICLは眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから開放してくれます。

 

あこがれの裸眼生活

角膜を削らない近視治療法

 

 

ICL適応検査について

 

ICL手術をご希望の方は、ICL手術ができるか事前に適応検査を受けていただく必要がございます。

ICLの適応検査ご希望の方は下記のICL手術適応検査オンライン予約ページにて承っております。

 

 

ICLの専用ページはこちら

 

ICL手術についての説明は、別途ICL専用ページをご用意しています。

当院のICL手術の取り組みについてはこちらをご覧ください。

 

 

ICLレンズについて

 

 

ICLは日本では2003年に臨床試験が行われ、2010年には厚生労働省の認可が下りました。初期のICLは白内障や緑内障の術後合併症が問題でしたが、ホールICL(レンズの中央に0.36㎜の小さな房水の循環孔がある)が考案されてこれらの合併症の危険性が無くなり、手術を受ける人が急速に増え世界的に注目されるようになりました。ホールICLは2014年厚生省認可されています。

 

さらに2016年、EVO+という、レンズ全体の大きさはそのままに光学部をより大きく再設定したレンズが開発されました。瞳孔径の大きな若年世代の患者様や夜間の見え方の改善効果が期待されています。

 

 

レーシックとの違い

 

角膜を削らない為、レンズを取出し元へ戻すことができます。

 

シャープで鮮やかな見え方が期待できます。

 

近視や乱視の強い方にも対応。

 

角膜の薄い目にも対応。

 

ドライアイの原因になりにくい。

 

レンズ自体に紫外線をカットの効果あり。

 

手術は入院不要で、翌日には快適な視力回復が期待できます。

 

夜間でも綺麗な見え方が期待できます。

 

レーシックのコントラスト

ICLのコントラスト

 

ICLによる視力矯正の最大の利点は、レーシックと異なり、 必要に応じ挿入したICLを取り出せば元の状態に戻せるという 「可逆的な手術」であるという事です。
取り外して元の状態の戻すことができるので、将来白内障などの目の病気になった際に、治療の選択肢が狭まるようなことがありません。

 

コンタクトと眼鏡との違い

 

日々のお手入れが不要。

 

コンタクトレンズの連続装用による、眼の障害を予防できる。

 

ICL手術をすることで、将来的な眼の障害を防ぐことに繋がる。

 

当院のICL手術の特徴

 

ICLインストラクターの資格を持った院長の秦医師とICLエキスパートインストラクターの資格を持った五十嵐医師が行います。

 

県下有数のICL手術数

 

厚生労働省が唯一承認しているスターサージカル社のICLレンズを使用。

 

検査はICLに精通した視能訓練士によって正確に行われています。

 

患者様の眼の状態を正確に測定するため、最先端の検査機器を導入しています。

 

当院ではICL以外にもオルソケラテクノロジーなど他の近視矯正治療を行っております。
患者様の眼に合わせて適切な治療をご提案しており、あえてICL以外の治療方法をご提案する場合があります。

 

ICLの資格について

 

ICL手術を行うためにはSTAAR社の認定を受ける必要があります。

インストラクターは認定するにあたり、手術に立ち会い施設基準なども判定する資格になります。

エキスパートインストラクターは認定制度などの規定を決めたり、認定するにあたって最終判定を下す役割があり、日本では10名しかおりません。

 

 

秦院長
ICLインストラクター証

 

五十嵐医師
ICLエキスパートインストラクター証

 

 

笑気ガス麻酔について

 

コンフォートICL~安らぎの中での手術を~

 

 

 

当院では低濃度笑気ガス麻酔を使ってのICL手術を行っています。

 
目薬での麻酔にて痛みの無い手術を行っていますが、目の治療に恐怖心・不安感を持っている方や痛みを感じやすい方、緊張や眩しさで目を強く閉じてしまう方向けにご利用いただいています。

 

当院のICL手術の価格について

 

550,000円(税込)

660,000円(税込)

 

料金はレンズの度数に関係なく一律となります。 ※保険適応外

ICLは医療費控除の対象になります。
年末調整にて確定申告を行うことで税金の還付を受けることができます。

医療費控除の詳細は こちらから

ICLの適応検査は一律¥5,500-(税込)となります。

※2回目のレンズ決定の為の検査も一律¥5,500-(税込)となります。

 

ICLの適応患者様について

 

当院でICL手術を行っている患者様の適応範囲は以下の基準があります。

 

21歳から45歳まで 

 

年齢と共に老眼や白内障の症状がでている患者様は適応範囲外になります。老眼により手元が見にくい場合は近用眼鏡(老眼鏡)が必要になる場合があります。

 

角膜の形状が特殊でない方 

 

円錐角膜など角膜が特殊な形状をしている方の手術はできない場合がございます。また、角膜屈折矯正手術歴のある患者様は手術ができない場合があります。

 

緑内障や眼底等のご病気が無い方 

 

目の病気を患っている方は場合によっては手術ができない場合があります

 

妊娠又は授乳期の方

 

術前術後に抗生剤の点眼、内服を行うため、妊娠中の場合は手術を避けるようお願いをしています。

 

手術後の主な症状について

 

見え方について

 

術後1週間ほどは、炎症などで視力が変動することがあります。

 

ハロー・グレア・光の輪

 

夜間や暗い所で光を見たときに、眩しさを感じる場合があります。

 

一般的な症状(異物感や充血など)

 

傷口が治癒し、炎症が治まる事で、時間と共に自然に改善します。

 

ICL手術までの流れ

 

当院では以下の流れで手術を行っています。

※所要時間は目安になります。混雑状況により増減する場合があります。

 

 適応検査 (所要時間:1時間~1時間半)

 

患者様の眼がICL手術に適応しているか検査を行います。

 

 レンズオーダーの為の精密な検査 (所要時間:2時間~2時間半)

 

患者様の眼に合ったレンズをオーダーするための検査を行います。
正確な検査を行うために、コンタクトレンズを装用している方は何週間かレンズを外して生活をしていただく必要があります。

この時にICL手術の日程を決めます。 患者様に合ったレンズが国内に在庫があれば数週間で手術を行えますが、 海外から取り寄せる必要がある場合1~3か月お待ちいただく可能性があります。

 

 術前の目薬の処方と注意事項のご説明 (1時間前後)

 

手術の3日前からしていただく目薬の処方と術前術後の注意点をご説明いたします。

 

 ICL手術当日

 

当院では日帰りでの手術を行っております。
患者様のお仕事の内容によっては手術の翌々日から仕事復帰が可能です。

 

 術後の経過観察

 

術後翌日、1週間後、1か月後、3か月後、6か月後、1年後と定期的に受診をしていただきます。
1年後の定期検査まで手術費用に含まれております。その後1年毎の定期検診をお勧めしております。

 

ICL適応検査のご予約はこちら

 

適応検査のご予約は下記リンクの専用サイトよりご予約を承っております。

 

 

手術の手順

 

①3mmの切開創からインジェクターにて折りたたまれたレンズを挿入

②レンズは眼内でゆっくり広がります

③支持部を虹彩の後ろに挿入します
④ICLを毛様溝に挿入します

ICL手術の流れ・アニメーション

 

眼内コンタクトレンズ治療

角膜を削らない視力回復

 

 

手術後の注意事項

 

手術後一定の期間、日常生活について一部制限があります。当院では適応検査後と手術直前に詳しくご説明をいたします。

 

洗顔・洗髪 

 

手術の傷がふさがるまで約3日程度控えていただきます。

 

シャワー・入浴 

 

シャワーは当日から行えますが、入浴は翌日からになります。眼にお湯がかからないようご注意をお願いしております。

 

化粧・アイメイク

 

顔全体、アイラインのお化粧は1週間程度控えていだだいております。

 

飲酒・たばこ

 

手術前日と当日の飲酒、たばこは控えていただきます。そのほかの飲食については制限ございません。

 

運転

 

視力が安定するまで控えていただきます。再開時期は医師との相談となります。

 

お仕事

 

患者様のお仕事の内容によっては手術の翌々日から仕事復帰が可能です。

 

運動全般

 

1カ月程度激しい運動は控えていただきます。

 

旅行

 

術後の経過観察や目薬の点眼が続くため、1カ月程度控えていただいております。

 

 

ICLのアンケート結果

 

術前術後の裸眼視力

 

手術前の裸眼視力

手術後の裸眼視力

 

 日中(昼間)と夜間の見え方について

 

日中の見え方
夜間の見え方

 

ICLを受けてよかったとこと

 

その他の内容

 

・コンタクトを買い足す時期など気にしなくなった。

・外泊時にコンタクトの数を気にしなくていい。

 

当院を選んでよかったこと

 

その他の内容

 

・駅からのアクセスが良い

 

出典

 

上記のアンケートはみんなのICL」の当院のアンケート結果を掲載しています。

 

ICLについてのQ&A

 

治療を受ける制限はありますか?

 

目の形や病気、全身疾患などによって治療の対象とならない場合があります。事前に詳しい検査を行い、 目の形、状態、生活習慣などを総合的に検討して治療が可能かを専門の医師が診断を致します。また正確な検査のためにコンタクトレンズ (特にハードレンズ)は一定の期間装用を中止していただく必要があります。妊娠中、授乳中は視力が不安定になることがあり近視矯正手術はできません。

 

手術は痛いですか?

 

目薬タイプの点眼麻酔をしますので痛みはほとんどありません。1週間くらいころころする感じはあるかもしれませんが、その後経過とともに治まります。痛みを感じやすい方や恐怖心の強い方には笑気ガス麻酔での手術を行っています。

 

手術後のどれくらいで視力回復しますか?

 

手術翌日は、炎症や手術中に使用した薬剤の影響でぼんやりとした見え方の可能性がございますが、視力は数日から1週間ほどで回復します。自然な見え方で安定するには個人差があり、1カ月から3か月ほどかかる場合があります。また、レンズを入れる為に切開した部分によって、一時的に乱視がでる場合もあります。その為、手術後2~3週間は見え方が良くないことがあります。

 

レンズは一生いれっぱなしで大丈夫?

 

ICLは白内障手術で使われている眼内レンズを同じ素材でできており、耐久性や生体適合性が良い素材でできているため、大丈夫です。

 

「ハロー」・ 「グレア」とはなんですか?

 

暗いところで明るいライトなどを見た時に光の周りににじんだ輪が見える現象をハロー(光輪症)といい、 ギラギラと光ってとても眩しい症状をグレアといいます。症状の度合いや期間には個人差がありますが、治療後数ヶ月で自然と気にならなくなることが 一般的です。

 

費用は公的医療保険の対象ですか?

 

公的医療保険の対象ではありません。ご自身で加入している民間保険の給付については、 「有水晶体眼内レンズ挿入術」が対象かどうか、加入保険会社へお問い合わせ下さい。

また、ICL手術は医療費控除の対象になります。年末調整にて確定申告を行うことで、税金の還付を受ける事ができます。医療費控除の詳細は こちらをご覧ください。

 

老眼も治りますか?

 

40歳頃から加齢に伴う調節力の衰えにより「手元が見にくい」と言った老眼の症状が出始めます。 老眼は遠近のピントを合わせる能力が衰える症状です。眼内コンタクトレンズ治療は近視や乱視など屈折の矯正を行いますが、 老眼の治療ではありません。老眼により手元が見にくい場合は近用眼鏡(老眼鏡)等を適宜使用して下さい。

 

ICLについての質問集

 

さらに詳しいお話をはこちらのページにてお答えしています。

 

 

 

ICL適応検査のご予約はこちら

 

ICLの適応検査のご希望の方は下記リンクのICL専用オンライン予約ページにて承っております。

 

bird
ページトップへ