眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
pic_up
お子様が近視でお悩みの方へ shadow

近視進行を抑制するための目薬 ~マイオピン~

近視の進行を抑える目薬をご存知ですか?

近視の進行を抑えるために、いくつかの試みが報告されています。
マイオピン(0.01%アトロピン)点眼薬は、近視の進行を抑える(眼軸長の進展を抑制する) という点で効果が確認されている治療法の一つです。
※シンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されています。 Ophthalmology2012;119(2):347-54





マイオピンは、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、 近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬でみとめられた不快な副作用を抑えることができます。


このようなお子様におすすめです。

□軽度または中等度の近視の方
□6歳~12歳の学童の方

日本でも7大学にて臨床研究が始まりました。
当院の目薬も国内臨床研究と同じ目薬をしようしています。
※旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、慶應大学、筑波大学、日本医科大学


マイオピンの特徴

  • ・重篤な副作用の報告はありません。
  • ・近視の進行を平均約60%軽減させるといわれています。
  • ・日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。
  • ・目の遠近調整機能(手元を見る作業)に殆んど影響を与えません。
  • ・毎日必ず就寝前に一滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法になります。
  • ・本製品はGMP(医薬品製造管理及び品質管理基準)準拠の工場で製造されています。


※マイオピンの安全性について
シンガポール国立眼科センター(SNEC)のアトロピン0.01%点眼薬を2年間継続した研究結果の安全性については、以下の報告がありました。


  • 1. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
  • 2. 眼圧に影響を与えないとの報告でした。
  • 3. 白内障を形成するとの報告はありませんでした。
  • 4. 点眼終了後も目の遠近調整機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
  • 5. 電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

処方までの流れ

お子様の視力や目の状態などを検査・診察後、処方となります。
まずは1本購入していただき、副作用の確認をする為、1ヵ月後に再度受診をしていただきます。その後は3カ月~6ヶ月おきの定期検診を受けていただきます。


マイオピンの使用方法について

寝る前に両眼に毎日1滴ずつ点眼します。
※マイオピンは1容器1ヶ月間の使いきりとなります。


マイオピンの治療費用

※本治療は自費診療(保険適応外)となります。
お薬代(1本):2500円(税込)
各診療費:1500円(税込)

詳しくは、当院受付、もしくは医師までお問い合わせください。

bird
ページトップへ