眼科一般・花粉症・緑内障・白内障手術・近視矯正手術

since1968
来院予約
WEB予約
問診表
混雑状況表
当院の取組
近視矯正手術ICLについて
日帰り白内障手術について
近視進行抑制MCレンズについて
外部リンク
分院・隣接ショップ・その他のご案内
English Page
pic_up

近視進行を抑制するための目薬


近視の進行を抑える目薬をご存知ですか?

 

子供の近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。

近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻る事がありません。その為に眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するために重要となります。また、高度な近視の場合、回復不可能な視力喪失、黄斑変性症、網膜剥離、または緑内障に発展する可能性もあると言われています。

 

 

近視の進行を抑えるために、いくつかの試みが報告されています。
Myopine(マイオピン)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的に、Atropine(アトロピン)を0.01%配合させた点眼薬で、シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発されています。また、マイオピン0.01%では近視抑制効果が得られなかったお子様の為にマイオピン0.025%をご用意しています。

 

 

マイオピン点眼薬は、近視の進行を抑える(眼軸長の進展を抑制する)という点で効果が確認されている治療法の一つです。

 

マイオピンの効果について

 

シンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されています。Ophthalmology2012;119(2):347-54

 

 

マイオピンは、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、
近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬でみとめられた不快な副作用を抑えることができます。

 

マイオピン0.01%と0.025%の違いについて

 

シンガポール国立眼科センターの研究により、マイオピン0.01%で副作用なく、近視抑制効果が得られたことが実証されています。濃度を濃くすることにより、より近視抑制効果が得られることが分かっているため、0.01%では近視抑制効果が得らえない場合の為に、濃度を0.025%に高めたマイオピン0.025%をご用意しています。

 

マイオピン0.025%を点眼する場合、0.01%と同じように眠る前の点眼だと、翌日まで瞳孔が広がった状態が残る可能性があります。その為、点眼時間を調整していただく必要があります。

 

このようなお子様におすすめです。

 

・軽度または中等度の近視の方

・6歳~12歳の学童の方

 

日本でも7大学にて臨床研究が始まりました。
当院の目薬も国内臨床研究と同じ目薬を使用しています。
※旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、慶應大学、筑波大学、日本医科大学

 

マイオピンの特徴

 

・重篤な副作用の報告はありません。

・近視の進行を平均約60%軽減させるといわれています。

・日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。

・目の遠近調整機能(手元を見る作業)に殆んど影響を与えません。

・毎日必ず就寝前に一滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法になります。

・本製品はGMP(医薬品製造管理及び品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

 

マイオピンの安全性について

 

シンガポール国立眼科センター(SNEC)のアトロピン0.01%点眼薬を2年間継続した研究結果の安全性については、以下の報告がありました。

 

1. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。

2. 眼圧に影響を与えないとの報告でした。

3. 白内障を形成するとの報告はありませんでした。

4. 点眼終了後も目の遠近調整機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。

5. 電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

 

処方までの流れ

 

お子様の視力や目の状態などを検査・診察後、処方となります。
まずは1本購入していただき、副作用の確認をする為、1ヵ月後に再度受診をしていただきます。その後は3カ月~6ヶ月おきの定期検診を受けていただきます。

 

マイオピンの使用方法について

 

寝る前に両眼に毎日1滴ずつ点眼します。
※マイオピンは1容器1ヶ月間の使いきりとなります。

 

マイオピンの治療費用

 

※本治療は保険適応外(自費診療)となります。

 

マイオピン0.01%:1本 2,500円(税込)

マイオピン0.025%:1本 3,000円(税込)

各診療費:1500円(税込)

 

マイオピンの診療時は保険適応外(自費診療)となる為、保険診療と同日に診療、お薬の処方はできません。

 

よくあるご質問

 

Q1:マイオピンの副作用は?

 

A:アトロピンは瞳孔を広げる目薬になります。アトロピンを0.01%配合させたマイオピンも同様にまぶしさを感じる場合がありますが、就寝前に点眼すれば、朝には元に戻ります。

起床後にまぶしさを感じる場合は、前日のマイオピンの点眼時間を早めていただくなど点眼時間の調整が必要になります。

 

Q2:治療期間はどれくらいになりますか?

 

A:年齢にもよりますが、2年以上の継続使用をお勧めしています。まず2年間使用していただき、効果をみるというのが望ましいと考えています。

 

Q3:効果がない方もいますか?

 

A:残念ながら効果がでづらいと考えられる場合もあります。当院では3か月または6カ月おきの定期検診時に効果判定をしながら治療の継続をするかご相談をさせていただいております。

 

Q4:点眼を中止するとどうなりますか?

 

A:最近の研究では、2年以上点眼しなくても効果は維持できていますが、中断後に近視が再度進行したデータも出てきております。

 

Q5:視力は回復しますか?

 

A:基本的には近視が進まないようにする治療であり、視力を回復する治療ではありません。近視の進行を防止し、視力が悪くならないようにするための治療とご理解ください。

 

Q6:12歳を過ぎているお子様も治療を受けることは可能ですか?

 

A:現在までにされている報告は6~12歳を対象にしたもので、臨床的なデータがありません。しかし、12歳を超えても近視は進行しますし、低濃度アトロピン点眼は近視の進行を抑える可能性があります。治療を希望される場合には御相談ください。

  

Q7:メガネやコンタクトレンズとの併用は可能ですか?

 

A:可能です。コンタクトレンズは外した後に点眼をして下さい。

 

Q8:オルソケラトロジーとの併用は可能ですか?

 

A:オルソケラトロジーとの併用も可能です。マイオピンをさしてから、5分以上時間をあけてからレンズを装用して下さい。当院ではマイオピンとオルソケラトロジーを併用されている患者様も多く受診されています。

 

Q9:保険適用外なのはなぜですか?

 

A:マイオピンは日本では認可されていない目薬の為保険適応外となります。多くの大学病院で研究が進められていますが、日本国内では保険診療の対象に至るまでの有効性を示すデータがまだ報告されていません。シンガポール国立大学の臨床試験では近視抑制効果が証明されています。

 

Q10:気を付けることは何ですか?

 

①起床時の瞳孔の確認

初めてマイオピンの点眼を開始する場合は、朝起きたお子様の瞳孔が開いていないか確認をしてください。もし瞳孔が開いていても通常の生活をしても問題はありませんが、薬の作用が切れるまでは、まぶしさを感じたり、いつもより近くが見づらくなる可能性があります。その場合は、就寝前ではなく夕食時など夜の点眼時刻を早めて調節をする必要があります。

 

②点眼薬の使いまわしについて

マイオピン点眼薬に限ったことではありませんが、絶対に点眼の使い回しはしてはいけません。たとえ兄弟であっても、使い回しによって感染症が発生することがあります。

 

③点眼薬の使用期限

点眼薬は開栓したら必ず一か月で廃棄してください。防腐剤が入っていますが、細菌は倍々で増えます。最初は少量でも後期では爆発的に多くなります。感染予防のために多少残っていても一カ月で破棄してください。

 

詳しくはこちらへ

 

当院受付、もしくは医師までお気軽にお問い合わせください。

bird
ページトップへ